なぞるだけで文字入力が可能になる「Swiftkey」が遂に日本語に対応した。(現在確認できたのはAndroid版のみ)

 これは英Swiftkeyが開発する、AndroidおよびiOSに対応した入力キーボードアプリで、世界中100の言語、2億5000万デバイスにインストールされた人気アプリ。最新のアップデートで、日本語のローマ字入力に対応する。

 「SwiftKey」を知らない人は、まずこのビデオをご覧頂きたい。一見タップしているように見えるが、キーボード面をなぞるだけ。驚きの手軽さでサクサク文字が入力できるのが特徴なのだ。

Introducing SwiftKey Flow

www.youtube.com

 筆者も英字入力では愛用しているが、ラテン英語のQWERYキーボードをベースにしている入力言語ごとの補正技術のため、日本語入力への対応については正直いって半ば諦めていた。

 しかし、SwiftKeyは諦めなかった。日本語の補正技術および予測変換技術およびそのUIを開発したのだ。

画像1: 「Swiftkey」が日本語に対応、ローマ字入力が可能に

 SwiftKeyの技術は進化を続けており、最近ではニューラルネットワーク連動の変換予測機能を発表したりしている。日本語においても文脈を判断して変換候補をリストアップしてくれるとのこと。また、800種類以上の絵文字の入力にも対応。

 既存のSwiftKeyユーザーは、以下の手順で日本語入力が可能になるのでためして欲しい。

画像2: 「Swiftkey」が日本語に対応、ローマ字入力が可能に

蛇足:僕はこう思ったッス maskin 待望のローマ字版に感動。

SwiftKeyの英語版を利用してきたが、その使用感というのは、何というか直感そのものなのだ。

入力というよりは、思うままなぞるだけ。なのに頭に思いえがく文字が入力されていく。そんな感じだ。

日本語ローマ字版はどれほどの使用感なのだろう、これからじっくりためしてみたい。
蛇足2:僕はこう思ったッス maskin 実際に使用してみたのだが、残念なことに日本語入力はFlow型の流れるような入力システムではなかった、、ちょっと残念だが、文脈予測技術でFlow入力で発生する誤差を補完するわけだから、仕方ないというところか。

しかしながら、入力システムとしては結構満足できる内容。アルファベット入力はFlowで、日本語へはスワイプでさくっと切り替えられる。日本語入力のローマ字キーボードはフル型で、メールの送信内容や各種SNSで入力した内容を学習するため、変換候補などは違和感がない。連文節は不得手だが、軽快だし安心して利用できそう。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.