サイバーエージェントおよびエイベックス・デジタルが50%づつ出資するAWA株式会社(2014年12月1日設立)は2015年10月13日、ユーザーが利用する携帯端末に保存されている楽曲すべてを同名のサービス「AWA」上で再生できる「ローカル音源再生機能」を発表した。

 「AWA」はサブスクリプション(定期購読)型の音楽視聴サービスを展開するが、今回の機能追加により、ユーザー所有する音楽コンテンツを「AWA」で再生させられるようになるのに加え、それらの楽曲の波長などを分析したリコメンド機能を提供する予定。

 「AWA」は現在580万ダウンロード、プレイリスト作成数は累計300万を突破。累計再生回数は11億回を突破しており、配信楽曲数は2015年内に3,000万曲配信を予定しているとのこと。10月末には車載端末への対応、11月下旬にはPC対応も予定。

■アプリ概要
・アプリ名称 :「AWA(アワ)」 http://awa.fm/
・推奨環境 : iOS版 iOS7.0以降、Android版 4.3以降
・価格 :Standard プラン(月額 税込960円)/Lite プラン(月額 税込360円税込)/
※サービス開始から3カ月間は無料
・提供開始 : 2015年5月27日

蛇足:僕はこう思ったッス maskin サブスクリプション型サービスの焦点は、ユーザーとの良質なコンタクトポイント構築。いかに、ユーザー一人一人の嗜好と提供コンテンツをフィットさせるかという課題に対する答えの一つがより幅ひろいラインナップであるが、量を揃えている最中であるサービス開始初期でそれを完璧にこなすのは難しい。それに対し、既存楽曲をリコメンデーション機能の源泉とすることは効率的だと思った。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.