ネット接続デバイスの企画・開発を手がけるCerevoは2015年10月28日、インターネットに接続して使用するスイッチ「Hackey(ハッキー)」の販売を開始した。価格は9980円で、直販サイトなどで入手可能になっている。

 「Hackey」は、マイクロUSB給電(5V)を電源に動作する小型(直径:56mm高さ:51mm
)デバイスで、Wi-Fi(802.11b/g/n)による無線接続に対応。標準で添付されている鍵を開閉すると、その情報がインターネットに送信される仕組み。

 インターネット上のサービスと連携することで、さまざまな応用が可能で、例えば「Hackey」の開錠するとウェブサイトの内容が変化したり、遠隔操作中のIoTデバイスのスイッチをONにするといったことが実現できる。なお、標準では鍵が装着されているが、16mmマウントに対応したスイッチと交換することが可能。ブザーやLEDインジケーターを搭載している。

非エンジニアでもできるIoT

 「Hackey」は、専用のダッシュボード経由で公開されているAPIとのやり取りをすることが可能。複数のウェブサービスやIoTデバイスを連携させる場合は、現時点では以下のようなサービス連携サービスを使用する方法がある。

 株式会社Cerevo 代表取締役 岩佐琢磨 氏は「これだけでもプログラミングなどが得意でない人でもIoTのだいご味を享受することができる。製品としては敷居が高い面もあるがが、あえて汎用的にすることで、システム開発や社内システムへの導入などの応用の幅を広い状態で出荷した」と語る。

ヤフーのアプリmyThingsに専用コーナー

 IFTTTやZapierは英語だけの提供だが、ヤフージャパンが提供する類似のサービス「myThngs」でHackeyへの対応に乗り出した。

 この「myThings」だが、基本的にIFTTTらと同じコンセプトだが、スマホアプリでIoTとウェブサービスを簡単に組み合わせて使用できる。現在33種類のIoTデバイスとサービスに対応しており、これに加えてHackeyに対応「Hackeyチャネル」を2015年内に公開する予定だ。

 ヤフー株式会社 スマートデバイス推進本部アプリ開発室室長 椎野孝弘 氏は「スマホのGPS情報を活用して、近くにいるときだけHackeyのLEDインジケーターが光らせたり、鍵をまわすと電源やドアの鍵をすべてオフにするといった日常の中で多様がユースケースが考えられる」と連携による可能性の大きさを主張した。

 なお、同じ製品をアメリカのクラウドファンディングサイト「IndieGoGo」でも販売中。こちらは一定量の予約がないと購入できない仕組みだが、安く入手できる可能性があるとのこと。

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin
IoTがリアルワールドのゲートウェイだとしたら、Hackeyはドアノブのようなもの。IoTやO2Oで主に語られる「ネットからモノ」だけではなく、モノからモノ、モノからネットといった、人の行動を軸としたサービス拡大の絵が描けるようになる。あえて、余計なセンサーやカメラなどを組み込まないでスイッチを中心に製品を組み立てたシンプル化の勝利といえるだろう。
個人的には、SIMカードと太陽電池を搭載した安価なデバイスがほしい。(20年前にやっていたけど高額過ぎた今ならチャンスがごろごろ転がっていますね)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.