スマホアプリからPC、IoT、開発&収益化支援サービスまで、アプリケーションソフトウェアによるビジネスの可能性を追求する展示交流イベント「アプリ博」が遂に8回目(派生イベントを含む)の開催を迎えます。

アプリ博は、いわゆるショー型の展示会とは違います。アプリビジネスを成功させたい人、アプリでビジネスの可能性を拡大したい人、この業界に貢献したい人が、出会い、気付き、成長するための編集された空間です。熱気ある空間の中、アプリ開発チームと直接交流できるため、事業パートナーや投資家を探す機会として最適です。

これまでアプリ博(および派生イベント)はアプリケーションソフトウェア関連のBtoBネットワーキングイベントとして一日あたり国内最大規模の動員を達成して参りました。出展者および来場者の過半数が 「最も参加効果の高いイベント」 と評価しリピーターとなり、多数の企業をアプリ博を足がかりに急成長を遂げています。

アプリ博は、今回から活動を拡大し、年1回から複数回開催、そして動員規模を拡大してゆく計画です。新興メディア「TWEE(TechWave)」と連携する新しいメディアを創造し、世界へ駒をすすめます。

画像: 会場準備の風景 ptix.co

会場準備の風景

ptix.co

開催概要

**会場:**株式会社サイバーエージェント(渋谷マークシティウエスト 13F)
**日付:**2015年11月20日(金)
**時間:**11時から19時
参加費: 無料 (電子チケットによる事前申し込みが必須です)

お申し込みは 電子チケットサービス「Peatix」のアプリ博のページ を参照してください。以下の申し込みフォームからも申し込みが可能です。

ご出展およびご協賛のお申し込み

 アプリ博は、ミーティングテーブルの様相を展示会に融合したユニークな出展形態が特徴です。一見すると学園祭のようですが、ショーではなく“対話”を重視しており、単なる名刺交換やフライヤー配布におわることない成果が期待できます。( イベント概要・出展要綱
・**過去の様子「これまでのアプリ博をふりかえる」** )

■ 「アプリ博 2015 Winter」11月20日(金)開催
・概要: 広義のアプリケーションソフトウェアの市場の今後を担うキーマン層のネットワーキングの場の構築。対象はスマホアプリ、アプリ開発・収益化支援サービス、IoT、PCアプリ、基礎技術など。
・目的: 各出展者の事業生長促進を支援することで経済を活性化する、世界で通用する技術やサービス、プロジェクトの創出。
・参加者像: 大企業内の新規事業担当者またはアライアンスを模索する部門。投資家、学生、IT業界就労者、マスメディアなど。
・期間: 2015年11月20日(金) 11:00-19:00まで
・会場: 東急渋谷マークシティウエスト13F(サイバーエージェント様)
東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
https://www.cyberagent.co.jp/access_print/id=7035
・入場: 無料(電子チケットを以下から取得してください(必須))
http://ptix.co/1WxBrdu
・出展: 有料(以下出展概要)(申し込み期限は設けておりません)
http://twee.jp/_ct/16900730
出展枠:1ブース5万円(税別) 最大100枠
スポンサー枠:20万円から。来場者全員(3000名)への訴求、独自企画など応相談。

ボランティアスタッフ募集

アプリ博 2015 Winter専用 Facebookイベントページ

参加者に必読の情報が発信されます。また会場からの生情報なども公開していきますので、参照およびシェアをお願いします。

過去のアプリ博

これまでアプリ博をふりかえった記事を公開しています。どんなドラマがあったのか、どういうコンセプトのイベントで、どんな効果があるのか、ご参照していただけると幸いです。

画像: 過去のアプリ博

アプリ博 2015 Winterでおあいできるのを楽しみにしています

画像: ptix.co

ptix.co
蛇足:僕はこう思ったッス
maskin
アプリ博の参加者の多くはリピーターで、今回の取り組みはみなさんに対する満足度の向上と、参加される方々のさらなる成長にむけた施策の投入が焦点になります。

アプリ博はカンファレンスを行いませんが、それは出展者各位そして来場者一人一人を主役にしたいと考えているからです。各位が力をもてる契機を提供し、ちいさいながらも有意義なエコシステムを構築しようと考えているからです。

アプリ博は1年後、3年後、そして10年後というタームで事業設計をしています。一時のもりあがりではなく、経済や社会における一つのシステムとして認知させていきたいとおもっています。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.